水不足のオーストラリア、水道水は大丈夫?

海外で暮らす際、最も気になるのが水道水の問題です。

短期の海外旅行でも生水を飲んでお腹を壊したという声をよく聞きますよね。

長期の留学だと飲み水は無論、シャワーやシャンプーの影響も気になりますね。水不足が心配されるオーストラリアの水道水は大丈夫なのでしょうか?

オーストラリアの水道水の水質は?

オーストラリアは水不足の国として知られていますね。

南半球に位置する国とあって、世界一乾燥した大陸などと称されます。

オーストラリアへ旅行したり、ホームステイしたりした人が、取水制限で苦労したというような話をしているのを良く耳にします。実際、入浴や洗濯などの生活用水を確保することはオーストラリアの住民にとって重要な問題ですので、オーストラリアに暮らしてみると、水の大切さに気付かされます。

では、飲料としての水道水の水質はどうなのでしょう?

水不足の地とあって、飲める水道水なのかどうか心配になるところですが、オーストラリアはニュージーランドと並んで、オセアニア地域では、水道水の水質の良い国とされています。

特に都市部では、水道が整備されていますので水道水を飲んでも問題ありません。

ただし、地域によっては設備の整っていないところもありますので、留学する際は、それぞれの地域の水状況をチェックしてから水道水を口にするようにしましょう。

ホームステイなどで一般家庭に住む際は、ホストファミリーに飲んでも大丈夫か尋ねてから飲むと安心ですね。

オーストラリアの水は硬水?

では、オーストラリアの水の硬度はどうなのでしょう?

日本の水は硬度の低い軟水だということは、ご存じの方も多いようです。また、ヨーロッパは全般に硬度の高い硬水で、日本の水とは味も手触りもかなり違うことで知られています。硬水は腸にとどまる時間が長いので、そのまま飲むとおなかを壊しやすくなるなど、注意が必要です。では、オーストラリアはどうかというと、全般的には日本と同じ程度の軟水だといわれています。

ただし、オーストラリアの場合は、地域によって硬度が違います。

メルボルン、パース、ウェーブロック、シドニーなどは、硬度が60以下ですので、日本の水と変わらない軟水です。一方、ブリスベン、アデレードなどは、硬度100を越える硬水地域です。また、地域によっては日本の水とは成分が違いますので、飲むと違和感を覚えるかもしれません。特に、日本人の場合、みんなが飲んでいるから大丈夫、と思ってしまうのは危険です。地元の人は慣れているので免疫が出来ていても、日本人のデリケートなお腹では耐え切れないということがごく普通にありますので、生水を飲むときは気をつけましょうね。

留学の疑問や不安、迷っていることや悩んでいることも
留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報