オーストラリアの電圧は日本と違う?電化製品使用の際の注意点

オーストラリアの電圧は、日本の電圧と違うのでしょうか?

日本からオーストラリアに電化製品を持って行って、そのまま使用できるのか、また、持って行く場合に注意しなくてはいけないことについてご紹介します。

オーストラリアの電圧は240V

オーストラリアの電圧は240Vです。

日本の電圧100V~110Vと比べると、なんと2倍以上もあるんですね。

日本の電化製品をオーストラリアに持って行って使用する場合は、電化製品のアダプターの部分をよく見て、240Vまで対応しているかどうか確認してからにしましょう。

また、240Vまで対応していると記載されている場合も、コンセントプラグの形も日本と違うので、使用する際には差し込みプラグが必要です。

日本のように2本の並行の金属板が出ているものはタイプAと呼ばれていますが、オーストラリアは八の字型に2本の金属板が出ているものでタイプOと呼ばれています。空港などで100~300円程度で売られていますので、購入しておきましょうね。

変圧器を連結して電化製品を使用する際の注意点

日本から持って行ききたい電化製品が240Vに対応していない場合や、240Vまで対応しているもののノートパソコンなどの精密機器で不安がある場合は、240Vに電圧を変換する変圧器を使用する必要があります。

日本から持って行く電化製品→変圧器→タイプOの差し込みプラグ→オーストラリアのコンセントプラグの順番で連結すれば、オーストラリアの電圧で電化製品を使用できるようですよ。

変圧器を購入する場合は240Vに変圧するタイプであるかを確認するのはもちろんのこと、使用したい電化製品のワット数まで使用できるかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

特にドライヤーやアイロンなどは1000ワット以上が必要なこともありますので、変圧器の値段も高くなってしまうことがあります。

留学の疑問や不安、迷っていることや悩んでいることも
留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報