アメリカの電圧は日本と違う?電化製品を持って行く際の注意点

アメリカの電圧と日本の電圧の違いについてご存じでしょうか?

そのまま持って行って問題なく使用できる電化製品と、持って行っても使用できない電化製品。

また、電圧変換器をアメリカで使用する際の注意点などについてご紹介します!

アメリカの電圧は120V

アメリカの電圧は120Vです。日本(100~110V)と比べると若干高いですね。

プラグの形は日本と同じく2つ穴(稀に3つ穴のこともある)なので、日本から持ってきた電化製品のコンセントをそのまま差し込むことができます。

ただ、パソコンや充電器のように長時間にわたって使用するときは、電圧差によって熱が発生したり、煙が出てしまったり、最悪の場合には発火するおそれもありますので注意が必要ですよ。

使用する前には、電化製品の電圧表示が120Vに対応しているかどうか必ずチェックするようにしましょう。

特にパソコンなどの精密機器は、少し電圧が違うだけでもショートして再生不能になってしまうこともありますので、無理に使用しないようにしましょう。

電圧変換器を使用する際の注意点

120Vに対応していない日本の電化製品を使用する場合は、電圧変換器(変圧器)が必要です。

変圧器自体が120Vに変換するものであることと、差し込みプラグが2つ穴(タイプAと表示されていることもある)になっていることを確認してから、日本から持ってきた電化製品→電圧変換器→アメリカのコンセントプラグの順番で連結させましょう。

また、変圧器によって対応するワット数が違うことがありますので、使用したい電気製品のワット数以上のものに対応するかを必ず確認してくださいね。

ヘアアイロンやドライヤーなどの熱を発生する電化製品は1,300ワット程度になることもありますが、対応するワット数が高いほど変圧器の値段も高くなりますので、アメリカで電化製品を新たに購入する方が経済的な場合も少なくないようですよ。

留学の疑問や不安、迷っていることや悩んでいることも
留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報