オーストラリア教育のメリットとは?

日本の教育とオーストラリアの教育には、いくつか違いがみられます。たとえば、オーストラリアの教育は受けたい授業が確実に受けられる、教育水準が一定なので大学格差が少ないといったことがあります。今回は、オーストラリアの教育の実態とその良さについてみていきましょう。

オーストラリアの教育体制

通常、日本で進学をする場合、必ず入試を受けなくてはなりません。入試の結果、合格基準を満たしていなかった場合には入学することが不可能です。このように一発勝負が基本的な日本ですが、オーストラリアでは違います。

オーストラリアの場合、日本のように入試というものが存在しません。その代わりに、学生時代の成績を証明できる書類、そして英語がどれだけできるのかを証明する必要があります。とはいえ、万が一その大学の基準を超えていなかったとしても、不足している部分を補うために語学学校に通わせたり、勉強をさせたりするなどの処置を施すため、最終的には目的の大学に入ることができるのです。

オーストラリアで学びたい理由とは

 日本の大学には大学のレベルによる格差が生まれています。そのため、有名な大学を卒業していなければ就職が不利になったり、給与に も差が出てしまったりということがあるのです。日本の大学の数はオーストラリアに比べておよそ200倍近くありますが、その分、大学格差が生まれやすいと いえます。

一方、オーストラリアは広大な土地を有しながら大学の数は約40校しかありません。しかし、どの大学も教育水準はほぼ一定で、大学格差というような問題は少なく、しかもそのほとんどの大学に大学院があります。大学の数こそ少ないオーストラリアではありますが、その一部の大学は、世界からその教育の質の良さが認められているのです。

これにより、多くの国からオーストラリアの大学に留学を希望する学生が多く、そのため、大学には様々な国籍の人が在学しています。だからこそ、異文化交流も積極的に行うことができ、より人脈の幅を広げることが可能となるのです。

留学の疑問や不安、迷っていることや悩んでいることも
留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報