どうする留学中のお金の管理。アメリカ留学の時の銀行口座開設

学費や生活費など、アメリカ留学では自分でお金を管理しなくてはなりません。アメリカで銀行口座を開設しようと考えている場合、留学生でも必要な書類を用意すれば口座の開設が可能です。

アメリカの口座の種類

アメリカの銀行の口座は、大まかに分けると2つの種類があります。

まず1つが「Checking Account」というもので当座預金口座に当たります。「Checking Account」は基本無利息の口座で、アメリカで一般的に利用されている口座です。アメリカでは光熱費などの公共料金は小切手で支払うのが一般的ですので、「Checking Account」を開設して小切手帳を発行してもらうことが必要になります。

もう1つは「Saving Account」というもので普通預金口座に当たります。日本の普通預金口座同様、自由にお金の出し入れをすることが可能です。「Saving Account」を開設するうえで注意しなければならないのが「Minimum Balance」です。「Minimum Balance」とは最低預金残高のことで、残金が指定された額を下回ってしまうと手数料を支払わなければいけません。銀行により「Minimum Balance」の額が違うので開設する前に必ず確認するようにしましょう。

アメリカでの口座の開き方

アメリカで口座を開く場合、銀行窓口で手続きを行います。口座開設には以下のものが必要です。

<身分証明書>

学生証やパスポートがあれば問題ありません。

<現住所を証明できるもの>

公共料金の請求書など、住所が書いてあるものが必要です。

<頭金>

開設時に預金する頭金が必要です。指定されている「Minimum Balance」を下回らない金額だったらいくらでも構いません。

<Individual Taxpayer Identification Number (ITIN)>

ITINとは納税者番号のことです。口座を開設すると利息が発生し、自動的にその利息は収入として報告されます。その時に個人を判別するために必要なのがITINです。これは事前に自分で申請するか、大手の銀行だと開設しに行ったときに、身分と現住所を証明できればその場でITINの申請書を出してくれる場合があります。この申請書は、申請から発効までに4~6週間程度かかるので余裕を見て準備すると良いです。

留学の疑問や不安、迷っていることや悩んでいることも
留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報