オーストラリアの物価は安い?日本と比較

気候が良く、豊かな自然を持つ国、オーストラリア。

オーストラリアの物価は、日本と比較するとどう異なるのでしょうか?

日本より割高なものや、日本と比べると格段に安いものなどはあるのでしょうか。オーストラリアの物価についてご紹介します。

生活必需品の物価

オーストラリアというと、「物価の安い国」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ですが、実際には日本と大きな違いはなく、シドニーやメルボルンなどの都市部は日本の都市部と同程度、地方部は日本の地方部に似た物価水準のようです。

牛肉なども、日本でもオージービーフなどの安価な輸入肉がたくさん出回っていますので、特別に安いと感じることはあまりないでしょう。

その中でも、お米やジャガイモ、ニンジンなどの穀物や野菜などは若干日本よりも安いといえます。バナナなどのフルーツも比較的安い部類に入るでしょう。また、チーズや牛乳などの乳製品も日本より安く入手できます。

一方で、チョコレートやスナック菓子、コーラなどの加工品は、日本と比べると高めです。

住居費や光熱費、交通費など

住居費は、都市部では高めですが、学生寮やシェアハウスなど、学生が経済的に暮らすことができるタイプの住宅が多くありますので、日本での1人暮らしと比較すると安く暮らせるかもしれません。

また、オーストラリアは世界有数の資源国でもありますので電気代が安いです。

水道代と同じく住居費に含まれていたり、別払いの場合でも月々3,000円程度の負担で済むことが多いようです。

都市部のタクシーは日本と比較すると初乗り運賃も半額ほどで安い印象がありますが、バスや電車は日本並みもしくは日本より若干高めで特にお得な印象は受けません。

全般的に、コンビニや観光地のスーパーは高めで、地元の人手にぎわう大型スーパーは安めのようですよ。

限られた予算でかしこく留学。
コストパフォーマンスの良い留学プランをご提案します。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報