オーストラリア留学にかかる費用。短期と長期留学の詳細をチェック

オーストラリアは、歴史的な建物や、シドニーのオペラハウスなど見どころもたくさんあり、人気の留学先の一つです。

留学プログラムとしては、長期留学、短期留学の両方を対応しており、受け入れる大学や語学学校も充実しています。

今回は、それぞれの留学にかかる費用に焦点を当てて紹介します。

オーストラリアの短期留学の費用

オーストラリアの短期留学にかかる費用は、住居費・生活費・学費などを含めると、大体1ヵ月20~33万程度、3ヵ月は51~86万程度が平均的な金額です。そのうちの住居費はホームステイだと週1.8万円程度、シェアハウスだと週1.2万円程度となります。食費に関しては、コンビニでも手頃な価格でお弁当を買える日本に比べると、オーストラリアのコンビニ価格はやや割高です。

オーストラリアの都市部では、バスと電車が主な交通手段です。バスは180円程度、電車は290円程度から乗ることができます。一方タクシーの初乗りは290円程度からと日本よりも安いことが特徴です。

その他にオーストラリアの場合は、期間に関わらず「海外留学生健康保険」に入る必要があります。費用は滞在期間によって変わりますが、1ヵ月3~4千円程度、3ヵ月は1万円程度となります。

オーストラリアの長期留学の費用

長期留学となると、学費の他に生活費、住居費にお金がかかってきます。

長期留学の目的としては卒業単位の取得や、オーストラリアの学校を卒業することがあげられますが、その場合、まとまった学費がかかることが短期留学との大きな違いです。

オーストラリアの学校の入学金は平均2万円程度です。また、語学学校の授業料は1年間で150万円程度となります。学校によっては長期割引制度があるので上手に利用すれば留学費用を抑えることができます。

住居費を抑えるのであれば、学生寮のある学校を探してみるのも手です。学校によって違いますが、アパートタイプのもの、学校近くの宿泊施設と契約しているものなど様々です。学生寮を利用することでホームステイや一人暮らしに比べると費用を抑えられる場合もあります。

また、学生ビザやワーキングホリデーのビザをもっていれば現地で働くことができます。学生ビザは条件を満たせば、週20時間までなら就労可能で、ワーキングホリデーのビザは学生ビザよりも自由度が高く、仕事をしながら語学学校に通うこともできます。

限られた予算でかしこく留学。
コストパフォーマンスの良い留学プランをご提案します。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報